働きやすい医師の求人を探して転職

年収のダウンは半分で済みました

脳神経外科で認知症の治療も行う病院を中心に探しました | 認知症の患者さんもいるので、私のこれまでの経験を生かすことができる | 年収のダウンは半分で済みました

面接が決まった時も、脳神経外科で働いていました。
自分は事務的なことは何もできなかったです。
そのかわりにサイトのキャリアコンサルタントの方が、いろいろな手続きをして下ったので、本当に助かりました。
自分一人ではたぶん転職できなかったと思います。
面接では自分が認知症にも取り組んでいたことを中心に話すようにしました。
それから、脳疾患の手術もできることをアピールしました。
面接はうまく行ったと思います。
ただし、一つだけ不満に感じていることがありました。
それは年収です。
その病院の年収は、それまでの脳神経外科の年収より低くなっていました。
当直がなくなり、勤務日も週5日から週4日に変わったので、年収が下がるのは、仕方のないことなのかもしれません。
それでも100万円下がるのはショックでした。
そのことをコンサルタントの方に話すと、私が交渉してみますと言われたので心強かったです。
コンサルタントの方は、面接に同行して下さり、私の面接のときに、年収の交渉を切り出しました。
認知症の治療に強いことや、これまで脳梗塞の手術をした経験などをアピールして、年収をもう少し上げてくださいと言いました。
自分では年収のことは話しにくいですが、コンサルタントの方が言ってくださったので、気分的に楽でした。
コンサルタントの方のおかげで、年収のダウンは半分で済みました。